「当社は、地球環境の保護が人類共通の最重要課題の一つである事を認識し、経営のあらゆる面で環境に配慮して行動する」

この理念のもと、化学工業製品、電子材料・部品、設備システム機器の商社として、経営全般にわたる環境影響を考慮し以下の方針を制定して環境保護活動を推進する。

  1. 当社の経営理念を踏まえ、当社の活動・サービスの性質・規模及び環境影響に対して適切な環境マネジメントシステムを構築する。
  2. 当社の事業特性が、環境に与える影響を的確に捉え,環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  3. 環境関連法規制、条例、協定及び受け入れを決めたその他要求事項の遵守義務を満たし、汚染の予防に努める。
  4. 当社の環境側面に関わる以下の項目を環境目標として優先的に取り組む。
    (1)得意先のグリーン調達への積極的支援
    (2)省資源・省エネルギー
    (3)廃棄物の削減

    又、化学工業製品取扱いの商社として、薬品の物流過程での漏洩事故が環境に対して重大な影響を与える事を考慮し、管理を実施する事により、物流過程の薬品漏洩事故防止をはかる。

  5. この環境方針を達成する為に、目標の設定と推進、権限と責任の明確化、教育訓練の実施、内部監査の実施等、文書化されたマネジメントシステムを構築し、有効な施策を展開する。
    又、特定の取引先に対し、環境保護の理解と協力を要請する。
  6. 当社の環境マネジメントシステムの適用範囲は本社、東京営業部、及び各営業所(仙台、千葉、神奈川、名古屋、大阪、長崎、熊本、鹿児島)全ての、活動、商品、及びサービス、敷地及び組織に適用する。

この環境方針は、当社の業務に従事する者全員に周知すると共に利害関係者の要求に対して開示する。

2016年11月1日
大宮化成株式会社
代表取締役社長 山本 忠司